それぞれに合った活用方法がオススメ

新着リスト

生活に不要な荷物はトランクルームで保管

もっと読む

自分の目的に合った最適なトランクルーム

もっと読む

用途に合わせた最適なトランクルームがオススメ

トランクルームを使用している方は少なくないと思いますが、わからない方もいるのではないでしょうか。トランクルームとは簡単に言えば「貸倉庫」になります。その活用法というのはさまざまで、主な使い方としては家の中には置いておけないような大きい荷物や、大きいスキー板など季節ごとに必要になってくる荷物などの収納があります。さらに引っ越しの際の一時保管庫としてトランクルームを使用している人もいます。
そんなトランクルームには屋外型のコンテナと言われるものと、屋内型のトランクルームがあります。この屋外型のコンテナは管理体制が緩く、鍵も大きな南京錠一つで置かれているという事も少なくありませんが、その分安価で提供しています。反対に屋内型のトランクルームは比較的管理体制が厳しく、屋外型よりも厳重だと言えますが価格も比較的高めになってしまいます。
しかしこれまで屋外型のトランクルームで盗難被害というのは一度もありませんので、そこまで不安に思うこともないかと思います。屋内型と屋外型どちらにもメリットデメリットはありますし、バイクなどを置くのであれば屋外型が最適なケースもありますので、自分に合った使用方法が行えるタイプのトランクルームを使用するのが最もだと言えます。

トランクルームの料金の違いについて

トランクルームには色んな種類があるので、それによって相場が違ってきます。月額だいたい2000円~50000円とかなり幅があり、トランクルームの広さや立地、施設自体の環境設備によって変動するのが特徴です。やはりどうしても土地が少ない首都圏では高くなってしまいます。安く抑えたい場合は駅から遠い場所や郊外に借りるのがいいでしょう。
また屋外型か屋内型かによっても差が出てきます。一番費用を抑えられるのは屋外コンテナ型なのですが、熱がこもり暑くなることから湿気やカビの原因になってしまいます。大事なものは屋外型ではなく屋内型に入れた方がいいかもしれません。トランクルームに冷暖房が完備されているかによっても価格に大きな差が出てきます。しっかりと保管できる環境が整っている分仕方のないことかもしれません。
また、上層階のトランクルームは荷物の持ち運びが大変ということもあって1階に比べると安くなります。そこにエレベーターがあるのかどうかによっても違ってきます。トランクルームの広さも料金の大きなポイントです。半畳ほどであれば1万円以内で借りれたとしても、3畳くらいになると4倍くらいの価格に跳ね上がります。このようにトランクルームはその環境によって料金に大きな差が出てくるので、自分が何を重視するかによって適切なものを選ぶようにしましょう。

トラックはお客様指定の場所まで当社ドライバーが運転し返却も不要です。 レントラ便のサービスはお客様満足度が高く、リピーターが多いです。 荷物の積み込みや荷下ろしは運転手が作業を手伝ってくれて女性のお引越しに好評です。 お得な時間制料金で、トラックと運転手を「お安く」レンタルできます。 運転手は運転のみで荷物の積み降ろしの作業をお手伝いしない、格安「セルフ型」サービスも人気です。 トランクルームへの運送サービスはレントラ便!

ニュース

2017/08/23
引っ越しの際にも便利なトランクルームを更新しました。
2017/08/23
生活に不要な荷物はトランクルームで保管を更新しました。
2017/08/23
セキュリティで選ぶトランクルームを更新しました。
2017/08/23
自分の目的に合った最適なトランクルームを更新しました。